略奪愛の正しい方法|既婚者を好きになった時のルールとは?

好きになった男性が既婚者で、どうしても奥さんから奪いたい!

これを略奪愛と呼びますが、世間ではよくある話の一つになってきています。

それだけ男性で魅力的な人がすでに結婚してしまっているという事でしょうか?

不倫だから…不倫だけど…と二の足を踏んでしまうことが多いのも事実。

もしあなたが既婚者の男性を奥さんから本気で奪いに行きたいなら、略奪愛の正しい方法|既婚者を好きになった時のルールとは?を是非参考にしてください。

既婚者の男性を好きになった時のルール

強引にならない

好きになった人が既婚者だから、強引に奥さんと別れてもらって自分と一緒になってもらいたいという気持ちはわかります。

しかし、そこで相手の既婚男性を動かそうとするとどうなるでしょうか?

どうして?なんで?とまくし立てることで自分の焦りを相手に伝えることは出来ますが、愛情は冷めてしまうのではないでしょうか?

離婚というのは時間とパワーがいります。精神的にも辛いものなのです。貴方と本気で一緒になりたいと思うのなら、それはしっかり考えているはず。でも強引には出来ないこともあるのです。

何といってもあなたが強引に動くことで「やっぱり無理か」と思われてしまったらせっかくの機会も逃してしまいます。

まだ、離婚をしていない、結婚もできていなうちは強引にせかすことはやめましょう。

相手の不幸を願うのはやめる

相手の奥さんはあなたにとってライバル。

でも、ライバルの不幸を願うのだけはやめましょう。

憎い、憎い、憎い、この感情は負の感情。

負の感情は何も生まないのです。それよりも双方幸せになるように、流れに任せることが大事。

好きになった既婚男性があなたを本気で愛しているなら、奥さんだって自分の道を探し始めるはず。

恋愛や結婚は自然の流れの中でひかれあい、人間同士の縁があって初めて成立するものだという事は理解しておきましょうね。

順番を間違えない

すでに肉体関係を…持ってしまった。

結婚前に肉体関係をもって、恋愛から一歩先に行くことはよくあること。でも相手は既婚男性。

正式に結婚する前に不和が生じないためにも肉体の相性を知っておくことは大事なことでもありますが、結婚もしていないし、相手はまだ離婚もしていないという事。

ずるずると肉体関係だけの相手にならないようにそこは一線を引いておかないと双方傷つくことに。

相手、自分を信じる

略奪愛から結婚したカップルによくあるのは「相手のことを信じられなくなる」こと

一度不倫をしているから・・・またやるんじゃないか?

そう思うのは自然ですが、相手のことをもう少し信じてもいいのでは?

其の疑念は必ず相手に分かりますし、自分自身も信じられなくなりかねません。

せっかく、一緒になろうとしていてもそんな疑念が頭の中に巡っていてはマイナスなことばかり考えてしまい、とうとう別れたなんてことにもなりかねません。

全てに感謝する

今の相手、相手の相手、自分。

今を作っているのは周りがあるから。あなたにとっては受け入れることのできない相手の奥さんのことだって、相手を形作っているの一つの要因であることは間違いないのです。

今までの事、これからの事を考えるなら、全てのことに感謝をしましょう。

今のあなた、相手だって過去から影響を受けているのです。

未来に進むためにも過去や周りへの感謝を忘れずに。

略奪愛でも幸せになれる

以上不倫で略奪愛をしても守らなければいけないルールを書いてみました。

通常であれば当たり前と思っていることでも恋愛中となれば、正常でいられないですよね。

憎しみ、妬みであなたの運気を下げてしまわず、ネガティブな思考を排除し、感謝、ポジティブ思考で成功を勝ち取りましょう。

又「ザ・略奪愛|都合のいい女にならずに既婚男性を落とす方法」や「ザ・略奪愛|不倫から既婚男性を振り向かせる方法」も参考になると思いますから是非読んでくださいね。

不倫中の今の彼と結婚できるの?関係を続けていいの?がわかる方法

2018.09.17