ダブル不倫している相手と別れるときのお告げはあるの?

ダブル不倫をしていると「いつまで続けていいのだろう?」「このまま家族を持ったままウソをついていていいの?」といったことで未来が不安になってしまうことはありませんか?

お互い既婚者だという事ですでに負い目があるので、いつかは決着をつけなければという強迫観念のようなものがあるのかもしれません。

いつまでも長くダブル不倫の関係を続けられると思っている人が少ないのです。

そこで今回は、ダブル不倫相手と別れる時の心のサインをご紹介します。

別れの潮時、恋人同士にはあり、ダブル不倫の関係であってもしっかりと存在しています。

ダブル不倫相手との別れの潮時サイン

相手の家族を壊したい

相手の家族を壊したい衝動に駆られたら相当自分の心がセーブできない状態です。

これを実行してしまう前に潮時にしましょう。

ダブル不倫をしているけど、自分が幸せではない証拠です。

自分自身がコントロールできないので、気持ちが高ぶってしまい相手の家族を壊してしまいたい衝動に駆られたら別れるのが正解。

誰だって幸せにならない結末しか待っていません。

自分も愛する人も幸せにならないと思うようなことを、実行したくなっているくらいなら、別れることを考えた方が賢明。

ダブル不倫を継続することで、自分が壊れてしまっては意味がないです。

相手のことが大事に思えない

ダブル不倫で成功するのは二人の木綱が深いから、お互いが同じような環境境遇に置かれているので、お互い助け合い守りあわないと存在できないからです。

ダブル不倫においてお互いを守るという事は、環形をばれないようにしたり誰から攻められないように隠し続けるという事。

隠すという行為がダブル不倫では大事で、ダブル不倫経験者はみな様々な工夫をしています。

しかし、相手を守りたいという欲望がなくなったり、そのための行動が面倒になった際には引き際として認識しましょう。

その気持ちが実際の行動となってしまえば、ダブル不倫の関係が知れ渡ってしまう事態となってしまうのです。

会えない距離になった

引っ越し、転勤、様々な物理的な要因で、今までの距離からさらに離れることになった時、会うのに不都合が生じるようになることがあります。

最初は無理をしてあっていても、無理は次第に心にひずみを起こします。

泊りで会いに行ったり、嘘をついて出張だと偽ったりすることで、リスクが高まります。

不自然な無理をすると、ゆがみが出ますので後の反動は絶対に出てしまいます。またストレスから喧嘩になってしまう事も多くなるので、物理的に距離が会えなくなるなら潮時かも。

家族が気になった時

ダブル不倫はお互いに家族とうまくいっていないという大前提から始まる不倫です。

でも、家族に対して罪悪感が、今の不倫相手より上回ってしまったら‥‥。家族を大事にしたいと思うことがあったら、それはダブル不倫を終わらせるときかも。

ちょっと寄り道をしたと思えば踏ん切りもつきます。今まで邪険にしていた家族と再び向き合う準備の時です。

ダブル不倫で後悔する前に

ダブル不倫で別れるときのサインについて紹介しました。

ダブル不倫をしている間に、別れる時期、サインを見逃すと後々後悔することも。

何か異変を感じたり、「いつもと違う」状況や感情を抱いた時には立ち止まってダブル不倫の関係を見直してみましょう。

別れの引き際について理解をしておくことで、ダブル不倫を良い思い出として終わりを迎えることもできます。

又「ザ・略奪愛|都合のいい女にならずに既婚男性を落とす方法」や「ザ・略奪愛|不倫から既婚男性を振り向かせる方法」も参考になると思いますから是非読んでくださいね。

不倫中の今の彼と結婚できるの?関係を続けていいの?がわかる方法

2018.09.17