不倫と浮気の違いとは?どういう事が不倫というの?

不倫の定義とは

  • 1.配偶者を持つ者が配偶者以外の者と肉体関係を持つ
  • 2.配偶者を持つ者と肉体関係を持つ
  • 3.配偶者を持つ者同士で肉体関係を持つ

と上記の3つのパターンがあります。例えば自分が独身であっても既婚者と関係を持てば不倫関係=不貞行為を働いたとみなされるのです。

厳密にいえば浮気というのは肉体関係までに至らなかった場合を言いますが、世間一般には不倫と浮気は同じような意味合いで使われているように思いますよね。

でも法律で言うと二つの間には全く違う解釈が出来るのです。

浮気と不倫の違い

若い恋人たちの間では不倫と言う言葉より浮気という言葉を使用する機会の方が圧倒的に多いとおもいますが、既婚者ではどうでしょう?

既婚者同士では、不倫はすでに結婚している人が当事者に含まれており、「配偶者を持つ者が、配偶者以外の者と肉体関係を持つこと」とが不倫といわれ該当するのが最初に話した3つの定義です。

これを法的に厳密にすると「不貞行為」と言い、民法709条の不法行為に該当します。

浮気もそうですが、肉体関係があることが不倫の大きな要素であり、逆に肉体関係がない場合は浮気とは言ってもまず不倫とは言いません。

不貞行為は罪に問われるの?

不倫=人の道を外れる

という事で法律的に言うと不貞行為といいますが、不貞行為は罪に問われることはありませんが民事上の違法行為であり、訴えられて敗訴した場合は損害賠償金(慰謝料)を支払わなけばなりません。

1900年前半までは、妻が他の男性と関係を持つことは許されず、かつては姦通罪と呼ばれ、その場合、既婚女性とその相手のみに適用されました。

既婚男性が多くの女性と関係を持ったとしても罰せられない時代があたのです。しかし現在は男女平等が浸透しているので、既婚男性も法律の対象となっています。

浮気は不貞行為なのか?

日本には配偶者にはいくつかの義務がありその中に貞操の義務というのがあります。

配偶者以外のものと性行為をした場合、貞操の義務違反となります。

この貞操の義務違反は法的には「不貞行為」と呼ばれます。

そもそも浮気という言葉は広い意味で使われていることが多く、交際している男女の一方が他の異性とデートすれば、もう一方は自分の交際相手が浮気したのではと疑い、は夫が他の女性と手を繋いで歩いている、妻が繁華街の路地裏で見知らぬ男とキスをしているなど、 これらは確かに全て浮気と言えますが、法律上の不貞行為とはならないのです。

民事上の損害賠償の対象となるための浮気とは、配偶者が配偶者遺体のものと性行為を行った場合=不貞行為時のみ損害賠償の対象となります。

しかも、民事上の違法行為ですから、逮捕されるなどといったこともありませんし罰金という処罰もありません、不貞行為の場合は配偶者からの損害賠償請求によって法廷で裁かれ、損害賠償、精神的損害賠償という請求が通れば慰謝料という事が起こります。

浮気・不倫の慰謝料

不倫による慰謝料とは民法709条の不法行為に該当します。

不法行為は、他人の権利を侵害したり損害を与えた場合はその損害を賠償しなければならない、と定める法律です。

第709条(不法行為による損害賠償)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

不貞行為=精神的に損害を与える行為なのです。

この不法行為による損害は、相手から損害を受けたという証拠を自ら証明する必要があります。

ここでの照明は裁判で勝訴できる証拠、言うまでもなく確かな「不倫をしている証拠」がなければもし損害賠償請求を出したとしても勝訴する可能性が低いという事です。

慰謝料を請求するためには、確かな証拠がなければなりません。

しかも、確かな証拠を掴んでから、3年以内に慰謝料請求をしなければ時効となってしまいます。

民法第724条(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)

不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。 不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

ただし、仮に浮気を20年知られなくても、関係が継続している場合は請求権が消滅することもないですし、証拠を握って3年経過しても、そのあとにまた証拠を取れば、そこからまた3年なので請求権が消滅するには、関係を解消するしかありません。

まとめ

不倫と浮気の違いが分かったでしょうか?

肉体関係を持つか持たないかという事ですが、好きな人とプラトニックな関係でいられる人が世の中にどれだけいるんでしょうか?

不倫だって恋愛だとするなら、抱かれたいと思っても不思議はないですよね。でもそれがばれた時は、という事走っておいた方がいいかもしれません。

でもまずは、好きな人を落とさないと、そういった関係にもなりません。

又「ザ・略奪愛|都合のいい女にならずに既婚男性を落とす方法」や「ザ・略奪愛|不倫から既婚男性を振り向かせる方法」も参考になると思いますから是非読んでくださいね。

不倫中の今の彼と結婚できるの?関係を続けていいの?がわかる方法

2018.09.17