既婚男性が独身女性にLINEをするのは不倫がしたいから?心理学から分かる男の本音

既婚男性が独身女性にLINEを送るとき。

  • 相手に好意を持っている
  • 相手に用事がある

この二つですが、送られた女性の方は気になってしょうがないですよね。LINEの交換をしている時点で「送ってもいいですよ」と独身女性からオッケーを出してしまっているのもガードが甘いというか、既婚男性にしたらハードルが下がったと考えていいでしょう。

LINEは何がいいかというと本人がしっかり管理していたら中身が見れない。ちゃんと管理していないとゲス不倫となりますが・・・・・。

今回は既婚男性が独身女性にLINEを送る本音を男性の立場から心理学を使って解き明かしたいと思います。

既婚男性が独身女性にLINEを送る本音

LINEが朝昼晩と毎日来る

これをどうとるかはあなた次第です。どのようなLINEなのかも気になりますが、気を使っていることは間違いないですよね。

ましてや既婚男性は奥さんがいるので、奥さん以外の女性に連絡することを非常に気にします。独身女性からすれば非常識ですものね。

しかし、独身女性の気持ちが既婚男性に向いているんではないかと、思った瞬間、男へと変身するのです。

もう少しで、もしかしたら・・・・・。そうした思いは男の理性を外すにはたやすい理由。あと一押しで自分のものに出来ると思った男は、目標達成まであなたにぞっこんでしょう。

LINEが毎日来る

頻度が少ないといっても毎日来るのはやはり恋を意識せずにはいられないはず。

一日一回のラインというのは気も使いますし、内容にも気を使います。こんな内容でいいのかな?今送って迷惑ではないかな?

でも、内容がアプローチするわけでもなく、天気や食事の内容、感じたことなど当たり障りのない内容が来るのは実は作戦。

好き好き好き好きと毎日言われれば…重い。

独身女性は毎日何かしら出来事があるはず。そんな中、ちょっと落ち込むことなどがあった時、あ!彼がいた。とするためにたわいのないLINEを送っておくことは有効なのです。

週2,3回のLINEが来る

週2回程度のLINEの連絡は男女の関係に至るにはちょっと遠い。

でも連絡マメな男性できっとあなたは多くの女性のうちの一人なのかもしれません。

貴方もたまに来るLINEをしていて、あ!来た!くらいの楽しみ方ならそれでいいのではないでしょうか?

とはいえ、ここから不倫恋愛関係になることだってあるんです。

どこでスイッチが入るのか?どっちがスイッチを入れるのか?そうしたドキドキした駆け引きも楽しみたいですね。

2,3週間に一度のLINE

ここでは男性の心の揺れが感じられます。

不倫はいけない。でも連絡をしたい、自分の気持ちを抑えられない。そんな男性がこのような行動をとります。

自分の気持ちをいさめているのですが、抑えきれない。2,3週間に一度くらいの連絡頻度であればそれは男性が悩んでいる証拠なのです。

関係を結べなくても、やり取りの出来る関係でいたいという切ない気持ちが伝わってくるはずですよ。

何でもない風を装うのは既婚男性は得意ですので、その奥にある心理を感じ取ってくださいね。

月一度のLINE

月一度のLINEなら、忘れたい。でも忘れられない。そんな気持ちが透けて見えます。

結婚して奥さんもいる。でも気持ちを伝えたい。でもそれは悪だ!こう感じている男性はどうにか忘れようとしているけど、忘れられない。

しかし、人の気持ちなんてそう簡単に切り替わらないですよね。

我慢して我慢して、苦渋の決断が月一度の連絡。

なかなか忘れられない恋心、惹かれる想い、少しだけ自分を甘やかしたくなるのです。

そこで楽しいlineや思いやりある独身女性からのメッセージで余計に忘れられなくなるのですが、それでも自制をしてまた忘れるための自分との戦いに戻っていきます

既婚男性が独身女性にLINEを送る本音

既婚男性が独身女性にLINEを送る本音をご紹介しました。

してくる頻度によって駆け引きなのか、男性自身の未練なのか?よく分かるかと思います。

LINEの向こうにいる既婚男性の姿を想像してみましょう。そうすればおのずとLINEの意味が解るはずです。

男性は内容より、頻度が気持ちとなりますので内容に惑わされないように。

彼のことが気になるという場合には、仲良くなるきっかけ、深い仲になるチャンスが巡ってきているのかもしれません。

その機会をぜひ掴み取り、あなたの想いを成就させてくださいね。

又「ザ・略奪愛|都合のいい女にならずに既婚男性を落とす方法」や「ザ・略奪愛|不倫から既婚男性を振り向かせる方法」も参考になると思いますから是非読んでくださいね。

不倫中の今の彼と結婚できるの?関係を続けていいの?がわかる方法

2018.09.17