既婚男性が不倫相手に別れを告げる時の理由・言葉6つ

不倫相手に別れを告げる時、そんなときは大体突然。

まだ相手に気があるのに、いきなり別れを告げられたらあなたは冷静でいれるでしょうか?

今回はあなたが既婚男性に、今まさに別れを言われる理由・言葉を事前に知って備えておくために役立つように記事を書きました。

突然、言われそうだ…そう思っているあなた是非読んでみてくださいね。

不倫相手に別れを告げる既婚男性の理由と言葉

不倫している相手に別れを告げるにはそれなりに理由があります。自分の事情、相手のこと、それぞれ考えられるシチュエーションを予想しておけば、冷静に対処できます。

家族にバレそう

不倫が終わるときに一番気を付けておきたいのが、バレること。しかも相手の家族にバレることは避けたい。

既婚男性とすれば、奥さんが浮気を疑ってきたら、とりあえず別れを切り出すしかない。

「カミさんにバレそうだ」という理由で別れるならまだいいですが、最悪実際バレてからだとバタバタするし、そのうえこっちに振られても困ります。

そうなる前に、ちょっと危ないなと自分から危機管理をするのもアリです。

修羅場を迎えてあなたが耐えられないと感じるなら、自分から切り出しましょう。

秘密で会うのが疲れる

不倫の恋愛は隠れて会う事がスリリングで楽しいという一面があります。

デートは必ず、二人の生活圏外でばれないところ。人目につかないようにばれないように会っているうちにだんだんとどうしてこうなの?という気持ちになるときがあります。

相手も、潜んで会っていることで家庭や会社でもう一つの自分でいることにストレスを感じることでしょう。

お互いに精神的なストレスを感じたまま会っていると疲れてしまいます。

愛しているけど疲れた。

そんなことは十分にあり得るのです。特に既婚男性は普段の顔とあなたの前で会う顔の違う人格でいることに耐えられなく事が多々あるので、そうしたストレスをあなたが軽減できるように気を使えるかがカギです。

気持ちが冷めた

これは精神的なリバウンドです。

恋愛によくあるパターンである日突然覚める。

不倫を始めた時は二人で燃えるような恋だったのがある日を境にぱったりと冷めるという事経験したことはありませんか?

恋愛は気持ちの振りが非常にあるので自分がそうであると感じている間は相手のことを好きですが、あなたの奥底、相手の奥底で実はそうではないと感じた瞬間にリバウンドが起きます。

それが気持ちが冷めたという状態です。ですからなんで!?ということが多いのですが、好きになったのは状態が異常だったのね。くらいに思った方がダメージがないです。

忙しくなった

単純に仕事が多忙気になって、デートをする時間が無くなり、時間、精神的に余裕がなくなった時の状態です。

でも、忙しいから会えないって好きだったらないですよね。

この言葉の裏には「冷めた」という気持ちが隠されている可能性が高いです。

でも、冷めたとは言えない。

冷めて気持ちを隠してくれただけでもいいとした方がいいでしょう。

金銭的に厳しくなった

デートで使う費用をもう捻出できなくなったという事ですが、あなたが高額なプレゼントを要求したり、高級レストランでの食事をしたがったりしない限り早々金銭的な危機にはならないと思いますが・・・。

そう、これも「冷めた」というのが裏に。

この言葉の裏にある「冷めた」という気持ちを察してあげて気持ち良く分かれた方があなたのためにあなたの未来のためにいいでしょう。

君の将来を考えて

「君の将来を考えて」なんて言われるとそんなこと大丈夫といいたくなりますが、実は裏があります。

「自分の将来が不安」

このまま続けると「冷めてしまいそう」というか「冷めた」

この感情が裏にあるのは間違いない。

でも、表向きかっこよくオブラートに別れを告げるのはあなたを傷つけないようにという配慮です。むしろきれいに追われるという事をプラスに捉えましょう。

別れの言葉、理由は様々

いかがでしたでしょうか?既婚男性からの別れの言葉や理由は様々です。

ある日彼からどんな言葉を向けられても大丈夫なように、事前に自分のシュミレーションを行い、日ごろから心の準備をしておくとよいかもしれません。

またまた「ザ・略奪愛|都合のいい女にならずに既婚男性を落とす方法」や「ザ・略奪愛|不倫から既婚男性を振り向かせる方法」も参考になると思いますから是非読んでくださいね。

不倫中の今の彼と結婚できるの?関係を続けていいの?がわかる方法

2018.09.17