エッチがこの頃回数が減ったでもラブラブな彼氏の本音とは

長く付き合っていても、周囲から「ラブラブだね!」なんて羨ましがられるほど仲良しで自慢の彼。でも、なぜかエッチだけはご無沙汰……。お泊りしても何もなく朝を迎えてしまうと、「もう女として見られていないのかな」と不安に感じますよね。  交際期間が長くなるにつれエッチの回数が減るのは、「仕方ない」「みんなそうでしょ」と思ってしまっていては、黄色信号! どんなに長く付き合っても、変わらぬペースでラブタイムを楽しんでいるカップルもいるんです。  エッチの回数が次第に減ってしまうカップルと、いつまでもお互いに求め合っているカップル。その違いは何なのでしょうか? どんなに仲良しでもエッチに積極的になれない男性の本音を探ってみましょう!

スポンサードサーチ

男性がエッチしたくない4つの原因

普段はラブラブなのに、彼からエッチを誘ってこない。そこには主に4つの原因が潜んでいます。特に最後の4つ目の原因は、女性にとって衝撃の事実かもしれません。

1:男性側の身体的な理由

男性は疲労が溜まると男性ホルモンの分泌が減り、性欲が落ちることがあります。また、ストレスなどで交感神経が優位になっていると下半身が反応しづらくなるため、ラブタイムを思うように楽しめないことも。 「今日は疲れてるから」なんて無難な断り文句に思える言葉も、実は心を許したアナタにだから言える彼の本心かもしれません。

2:シチュエーション

交際期間が長いとエッチがワンパターンになりやすく、新鮮味が薄れていきます。自宅など生活感のあふれた環境も、現実味がありすぎてムードが半減するのだとか。  気分の高まりそうな場所へ出かけたり、ローションやラブグッズなど普段とは違うプレイを取り入れてみたり、マンネリが解消できるシチュエーションをつくってみましょう。

3:2人の関係や距離感

付き合いはじめのころ、相手を思うだけでドキドキしたり、会うたびにエッチしたくなったりしたのは、恋愛初期に分泌されるドーパミンという脳内物質の働きによるもの。  その後、長い間一緒にいるうちに“幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンが多くなって、深い愛情へと変わっていきます。その結果、信頼感が増し、家族のように大切に思う反面、性的な目で見られなくなってしまうことも。いつもとは違う下着やヘアメイク、香水を試すなど、彼の五感を刺激してドーパミンを誘発すると、付き合いはじめのころの感覚を取り戻せるかもしれません。

4:女性側の身体的な理由

付き合いが長くなると、つい“慣れ”が出てしまうもの。ムダ毛処理やボディケアなどがおろそかになって、彼のヤル気を削いでいるかもしれません! なかでも、デリケートゾーンのニオイは男性にとってエッチのトラウマになってしまうことがあり、それが原因でセックスレスになることも。

LCラブコスメが男性におこなったアンケートによると、4人に3人が「彼女のデリケートゾーンのニオイが気になったことがある」と回答しているんです!  しかも、「脚を開いた瞬間に漂ってきたニオイで、一気にヤル気が失せた」「ムワッとしたニオイに萎えた」など、エッチな気分も冷めてしまったとのこと。それでも、「あまりのニオイに彼女には言えなかった」と、自分の心の内に秘めている男性は少なくないのです。  最近彼から誘ってこないのは、もしかしたらアナタのアソコのニオイが原因かもしれません。デリケートゾーンのケアは、セックス前の最低限のエチケット。付き合いが長くなっても、女性としてここは忘れてはいけません。「そういえば、彼とエッチしたのはいつだっけ……」なんてエッチから遠ざかっている女性は、まずはデリケートゾーンのケアから始めてみませんか?

本当の「相手の本音と自分の未来」の見つけ方

  • これが本当に相手が思っている気持ちなの?
  • 本当はもっと自分で出来ることがあったりするんじゃないの??
  • そんな風に考えて今の相手から愛されないのは自分のせいなの?
  • 今駄目なのは容姿云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなの……
  • 本気であの人は私のことをどう思ってくれているの?
  • 不倫関係になってしまったけど、これからどうすればいいの?
そんな悩みを持っている方向けに 相手の本音を知って、自分が本当にやるべき未来の見つけ方 をお伝えします ※20歳未満は利用できません