独身男性が既婚女性に好意を持って不倫関係になってしまうメカニズムとは?

独身女性が既婚男性に好意を抱く理由として「同年代にはない大人の魅力がある」とか「おいしいご飯に連れて行ってくれる」など、一緒にいることで恩恵を受けることができるからと関係を持つことは少なくありません。

そうしたことで独身男性は既婚女性に好意を持つようになり不倫関係とのめり込んでしまうのです。

しかし、独身男性から好意を寄せられる既婚女性は、「なぜ私なんだろう?」「一緒にいてなんのメリットがあるんだろう?」と相手の気持ちを疑問に思ってしまうこともあるようです。でも仕掛けていたのは既婚女性だったなんてこともあるんですよ。

そこで今回は「独身男性が既婚女性と不倫恋愛をする理由」について調べてみました。

スポンサードサーチ

将来を考える必要がない

序盤から夢のないことを言うようですが、実際にこういう理由で既婚女性と不倫恋愛を楽しむ独身男性は少なくありません。
相手の女性は既に自分の家庭を持っているため、結婚を迫られることもありません。
ですから、将来についてのプレッシャーもなく純粋に恋だけを楽しむことができるのです。

元々男性よりも女性の方が結婚願望が強く、付き合っていても「将来私たちはどうなるんだろう?」「彼は私と結婚する気はあるのだろうか?」など未来について色々と考えを巡らせるのは女性の方です。

しかし男性は先を考えるのが苦手な生き物。基本的には「今が楽しければそれでいい」という思考を持っています。
彼女の希望を叶えるためとか、まわりが結婚ブームだからとか、年齢的に結婚適齢期だからとか、彼女やまわりにせっつかれてとか、そういった理由でようやく結婚を決意する男性が多いのはそのためです。

女性は相手と付き合う=少なからず結婚を意識する人が多いですが、男性はまずは今を楽しみたいと思っています。
そのため既婚女性は恋愛相手としては最適なのです。
家庭を持っているから結婚を迫られることもない。何年付き合ったからそろそろ次のステップを…と考えなければいけない義務感もない。
まわりから「2人はそろそろ結婚しないの?」と詮索されることもない。
今を楽しみたい男性にとってはまさに理想の相手と言えるでしょう。

自分が必要とされることを求めている

不倫をするということは家庭に何かしら足りないものがあるということ。
セックスレスとか、旦那さんと上手くいっていないとか、トキメキがないとか、女であることを実感したいとか、家庭では自分の全てを埋めることができないからこそ浮気をします。
浮気をしている女性の中でよく「家庭にはなにも問題も不満もない」「旦那との関係はすごく良好」「私はすごく幸せ」と言う人がいますが、本人がそう思っているだけで自分の中には満たされないと感じている部分があるはずです。
本当に全てが自分の思う通りに完璧で相手への愛情や気持ちが100%であったら不倫に走るわけがありません。
寂しさ、男性に求められたい気持ち、モテたい欲求、癒し、トキメキ。

自分の中で足りないと感じているものを補うために旦那さん以外の男性と恋愛をします。
そしてその相手となった男性は、“自分が求められていること”に優越感を感じるのです。

実際に既婚女性と不倫経験がある独身男性を何人か知っていますが、彼らに共通しているのは「相手の女性は自分がいないとだめなんだ」と思っているということ。
「旦那と上手くいっていない」「本当に好きなのはあなた」「あなたと一緒にいたい」などと既婚女性に言われることで、「この人には自分が必要なんだ。自分が守ってあげなきゃ。」という守ってあげたい欲でいっぱいになっているのです。
よく男性は守ってあげたくなる女性に惹かれるとは言われますが、まさにその心理でしょう。
要は女性に必要とされている自分に酔っているということです。

家庭で埋められない何かを感じている女性と、そんな女性の不安定な部分を自分でしか補うことができないと感じている男性。そんな共依存の関係ができやすいのです。
こういったタイプの男性は、自分ではそのことを自覚していないことが多いです。
相手の女性に対して「本気で好き」「俺が幸せにする」と思っていますし、実際にそういったことを口にします。ただ、その根底では好きという気持ちと必要とされている優越感、陶酔感の区別が自分でもついていないことが多いのです。

スポンサードサーチ

面倒がない

相手の女性が既婚者であると、家にいる時間や休日は連絡ができなかったり会えなかったりすることも多いでしょう。
独身女性と既婚男性の不倫恋愛であるとこのことが原因で喧嘩やすれ違いが勃発しやすいですが、独身男性にとってはむしろ好条件だったりします。
元々女性は常に連絡を取り合っていたいタイプが多く、連絡や会う回数で相手の気持ちを量る傾向にあります。

しかし多くの男性は、連絡や会う回数にそこまで固執していません。
女性にとって連絡は愛情を積み上げていくための手段ですが、男性にとっては業務連絡をやりとりするツールでしかないからです。
それは気持ちの大きさなどは関係なく、元々の性質や優先順位がそうというだけのこと。

独身同士で付き合っていると彼女から「なんで連絡くれないの?」「昨日はなにしてたの?」などと詰められることも少なくないですが、既婚女性は自分自身もリスクを抱えているし家庭での時間があるため、連絡や会う頻度、時間について論争することも少ないのです。

そういったお互いの距離感のちょうどよさが既婚女性と不倫恋愛をする大きな理由となっているということもあります。
つまり、男性側としては適度な距離感を保つことができ、余計な面倒がない関係に心地よさを感じているということです。

ただ好きになってしまった

今までは男性側にとって楽であるとか自分が求められている感のための恋愛という観点で話してきましたが、もちろん中にはただただ相手の女性を好きになってしまったから不倫恋愛をしているという人もいます。
相手が既婚者であることは分かっていたけど恋に落ちてしまった。
好きな人が結婚したけどやっぱり諦められなかった。など、自分の気持ちに抗うことができずに関係を持っているパターンです。
元々は不倫に対して抵抗があった人でも、いざ恋に落ちてしまえばその気持ちはもう自分でコントロールすることはできません。
相手がどんな人でもどんな条件の恋でも、人を好きになるという気持ちは止められないものです。

ただ、女性が感情で動くのに対して、男性は理屈で動くと言われています。
そのため相手が家庭持ちであるという事実よりも、「好きだから」「奥さんがいても関係ない」「ずっと一緒にいたい」という気持ちを優先する女性の不倫に比べて、独身男性がわざわざリスクを冒してまで既婚女性と恋愛するパターンはあまり多くないのです。
実際好きになってしまったからと不倫恋愛が始まったとしても、いざ既婚女性が「旦那と離婚しようと思う」「離婚話を切り出してきた」と具体的に離婚を匂わせると怖気づく男性も多いということは否定できません。

スポンサードサーチ

おわりに

基本的には不倫だからといって必ずしも本気の恋ではないとは思っていません。
しかし独身男性にとっては既婚女性との恋愛は自分にとって楽である部分が大きいということは否めません。
独身女性と既婚男性の恋愛と、独身男性と既婚女性の恋愛は同じ不倫恋愛であっても色々と異なるところがあります。

独身男性と既婚女性の恋愛の方が本気率が低いというわけではなく、男性と女性では考え方も優先順位も全く違うため、恋愛の種類が全くもって違うと思うのです。
もしあなたが家庭を持っていながらも独身男性と恋に落ちてしまったのであれば、これらの男性心理を理解したうえで、のめり込みすぎないようにセーブすることが自分を守ることに繋がります。

家庭で足りないものを上手く補う分にはいいかもしれませんが、感情をコントロールできずに苦しい想いをすることのないように、自分たちの関係を一歩引いたところから見る冷静さも既婚女性の恋には必要でしょう。

本当の「相手の本音と自分の未来」の見つけ方

  • これが本当に相手が思っている気持ちなの?
  • 本当はもっと自分で出来ることがあったりするんじゃないの??
  • そんな風に考えて今の相手から愛されないのは自分のせいなの?
  • 今駄目なのは容姿云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなの……
  • 本気であの人は私のことをどう思ってくれているの?
  • 不倫関係になってしまったけど、これからどうすればいいの?
そんな悩みを持っている方向けに 相手の本音を知って、自分が本当にやるべき未来の見つけ方 をお伝えします ※20歳未満は利用できません